田舎システムエンジニアの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS ループ(繰り返し)処理でのJavaとVB.NETの違い

<<   作成日時 : 2007/09/04 12:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

今まで主にJavaでの開発が多かったため、
VB.NETでループ(繰り返し)も分からなかった。。

For、While、Doなどの基本ループ(繰り返し)が
JavaとVB.NETではどのように違うかをまとめてみた。


無料ではじめるサイト運営
無料で始まる副収入












以下は、Javaでの利用方法とVB.NETでの利用方法を書く。

□forループ

このforループは、初めに条件が評価される。
次の「whileループ」と同等。
初めから繰り返しの回数が分かっている場合に良く使う。

[Java]
//10回のループ(繰り返し)を実行
for (int i=0; i < 10 ; i++) {
 //ループ内処理
}

[VB.NET]
'10回のループ(繰り返し)を実行
' Toは <= という意味
' 1 To 10 と書く人が多いかな。
For i As Integer=0 To 9
 'ループ内処理
Next

□whileループ

このwhileループは、初めに条件が評価される。
基本的に「forループ」と同等。
データベースの処理やファイルの処理などで
「最後まで繰り返し(trueになるまで)」という場合に良く使う。

[Java]
int i=0;
//10回のループ(繰り返し)を実行
while (i < 10) {
 //ループ内処理
 i++;
}

[VB.NET]
'10回のループ(繰り返し)を実行
Dim i As Integer = 0
While i < 10
 'ループ内処理
i = i + 1
End While

□doループ

「for文」や「while文」とは違い、
このdoループは最後に条件が評価されるため、
ループ中のコードが必ず1回は実行されることになる。

VB.NETではDoループの他に
「Do While 〜 Loop」と「Do Until 〜 Loop」があるみたいだけど、
とくに「Whileループ」と変わらないから省略します。
VB6時代では「Do Untilループ」はかなり使われてたみたい。

[Java]
int i=0;
do {
 //ループ内処理
 i++;
 //0〜10のループ(繰り返し)を実行
} while (i < 10);

[VB.NET]
Dim i As Integer = 0
Do
 //ループ内処理
 i = i + 1
 //0〜10のループ(繰り返し)を実行
Loop While i < 10



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ループ(繰り返し)処理でのJavaとVB.NETの違い 田舎システムエンジニアの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる